QHOME
間取りを歩こう
もっと見る

特徴

QHOMEでできること

広さを体感する

間取り図や 3D で再現された部屋を見ても広さをイメージするのは困難です。 QHOME を使えば VR で、 3D モデルの中を自分の足で歩いて確認できます。 iPhone 一つあれば使えるので、自宅で歩いて広さを比較することも可能です。

景色を眺める

リビングからの眺めは想像通りでしょうか。家が建ってから、もう少し窓が大きければよかった、位置をずらせばよかった、そんなことにならないように現地で AR を用いて窓からの眺めをシミュレーションできます。

空間を確認する

たとえば、吹き抜けを見下ろしたとき、キッチンからリビングを眺めたとき、どのように見えるかイメージできますか。 QHOME なら 3D モデルの中を移動して、好きな場所・角度から見え方を確認することができます。

ダウンロード

iPhone / iPadでご利用いただけます

App Store

事業者の方へ

事業の中でQHOMEをご利用いただく方法

無料でご利用いただけます

QHOME を利用するために専用機器や利用料は必要ありません。無料アプリをダウンロードしてご利用下さい。すでに実際の現場で QHOME をご利用いただくことが決定しています

既存のデータが利用可

ご利用の 3D モデリングソフトウェアや 3D CAD から COLLADA (.dae) 形式でデータをエクスポートすることができれば、既存データをそのままご利用いただけます。こちらの手順でアプリにデータを取り込んで下さい。

iPhone / iPad で実行

QHOME は ARKit に対応した iPhone または iPad で実行できます。お客様の iPhone にもインストールできるので、ご自宅で実行していただき、今お住いのお部屋と広さを比較していただくこともできます。

お客様にデータを共有

アプリからアプリへ、 AirDrop を使って直接データを共有することができます。お客様との打ち合わせの際にアプリをインストールいただき、 AirDrop でデータをお渡し下さい。

モデルのインポート

アプリにモデルデータを取り込む

Modeling

1. COLLADAファイルをエクスポート

3D モデルを COLLADA (.dae) 形式で作成して下さい。多くの 3D モデリングソフトウェアは、 COLLADA 形式でモデルをエクスポートすることができます。

Converting models

2. QHOME用にデータを変換

QHOME Maker を使って COLLADA から QHOME 用のファイルを生成します。 COLLADA ファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけです(現状では Mac が必要です)。

Importing models

3. QHOMEにモデルをインポート

AirDropiTunesファイル共有 を使って QHOME アプリに QHOME ファイルを取り込みます。一度 QHOME アプリに取り込んだモデルは、モデルの設定画面から AirDrop を用いて QHOME アプリ間で直接受け渡しできます。

Settings

4. モデルの設定

QHOME アプリに取り込まれたモデルをアプリ上の設定画面から設定します。初期位置や向き、座標系の単位などを設定して下さい。

採用実績

Qoncept(コンセプト)は大阪大学での研究に端を発するベンチャー企業で、コンピュータビジョン、特にリアルタイム画像認識に強みを持ちます。 AR やスポーツの国際大会、テレビの生放送、ドローンの自動操縦、インフラ点検、宇宙探査など、幅広い分野に画像認識技術を提供しています。